EVENT九州・熊本のイベント、映画などの催事情報

終了

写真家 竹沢うるま「旅情熱帯夜〈00〉Portugal」トークイベント

アタシ社より、発行された新刊「旅情熱帯夜〈00〉-Portugal-」が8/5より発売となりました。
鎌倉在住の写真家、竹沢うるまさんは数年前に逗子でご飯をご一緒したところから関係がスタートしました。

1021日103カ国を巡った旅の記憶をまとめた旅本の決定版「旅情熱帯夜」の続編となる今回の本。
B4変形、30ページと大判の本を作ったのはアタシ社として初めてです。
写真の存在感を大いに楽しめる判型は、ディスプレイには表現できない生々しさと、力強さがあります。

 

【熊本】トークイベント④ 定員50名
10/9(祝月)14:00-16:00 ¥2000(本代込)
@長崎書店3階イベントスペース  熊本県熊本市中央区上通町6−23

http://nagasakishoten.otemo-yan.net/
参加ご希望の方は
■件名に「竹沢うるま 熊本」
■参加者名
■人数
■ご連絡先電話番号
を明記の上、下記にメールお願いします。
info@billionlightyear.com

 

 

世界各地を旅する写真家 竹沢うるまの新たな旅が始まった。

今回はユーラシア大陸の最西端ポルトガル。

「果てのその先」を求めて旅をする。

旅情溢れるリスボンの旧市街、サウダージ(郷愁)漂うポルトの街並み、そして打ち寄せる荒波を越え、絶海の孤島マデイラ諸島へ。

その行く先々で、その地で生きる人々の表情を捉えた写真の数々は、写真家自身の心象表情であり、見るものの心の奥深くに響く。

手書きの日記が、読者を旅のリアルな世界へと誘い、ページを開くと、B4版の大型冊子の大迫力の旅の世界が広がる。

「旅情」とは「絶景」の反対語であり、同義語であると語る著者が、旅とは何なのかを写真と言葉で語りかける最新の旅の報告書。

【竹沢うるまからのメッセージ】

「旅の報告書みたいなものが作れないかとずっと思ってた。開くと世界中の”いま”が溢れだし、匂いがあり、音があり、苦しみがあり、喜びがあり。そんな旅のリアルが詰め込まれた一冊。

写真家としてではなく、旅をする者として”旅情熱帯夜”を作った。眠れぬ夜に開いて、ぜひ”旅情”が漂う異国の地へと旅立って欲しい」

 

 

 

このページをシェアする