葉山悠介ソロパフォーマンス「いち-ichi-」

ニューヨーク、イスラエルにて研鑚を積んだ世界を知るダンサー葉山悠介が 熊本を牽引する覚悟と未来への思いを熱い胸に製作する舞台公演

 

●熊本では珍しいソロパフォーマンス公演

イスラエル、ニューヨークで活動してきたダンサーが 作・演出・主演を一人で行う。 熊本県内ではダンス公演も珍しく、熊本のストリートダンス 出身者では初めての一人舞台、熊本に新たな舞台芸術が誕生する。

 

●世界基準の作品作り

「雨・月」をテーマに海外では一般的な物語性の高い作品を制作。 舞台美術、宣伝美術などを熊本在住のアーティストへ依頼。 世界各国のダンスフェステイバルへの出展も見据え、 作品とともに熊本から世界へ挑戦するダンサー葉山悠介に期待。

 

●振興を目的とした様々な関連企画

舞台公演を身近に感じてもらうため 6/23(日)13:00より 観客参加型ワークショップを企画。
6/22( 土 )17:00 の回上演後には熊本で活躍する 10 代~40 代の ダンサーによる世代を超えたストリートスタイルダンスセッションを開催。 舞台公演の振興、ダンス文化の発信を目的とした企画を開催。

 

関連企画1

熊本の未来をつなぐダンスセッション

6/22 17:00~の回上演後、 10分~15分程度アフターダンスセッションが開催されます。ストリートダンスの魅力、迫力を感じられる ダンス作品の上演&ダンスセッション。 普段ダンスを見ない方にもダンスを身近に感じてもらい 将来の舞台芸術、ダンス文化の振興を目指した企画となっています。

 

 

関連企画2

みんなで踊ろう!振付ワークショップ

6/23 13:00~90分程度開催予定。 ダンスの楽しさを体験し感じてもらう為、 振付師としてのノウハウを生かし対象年齢なしの 誰でも踊れる振付ワークショップを開催。 希望者は6/23の回のオープニングアクトで ステージに立つこともできます。

料金 1500 円
(6/23 観劇チケットと同時購入で500 円引き )

 

鶴屋百貨店・熊本県立劇場 共同企画 ウィーン少年合唱団

巨匠・トスカニーニが「天使の歌声」と評したことでも有名なウィーン少年合唱団。ウィーン国立歌劇場でのオペラ出演や、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート出演など、ウィーンの音楽大使として活躍しています。
世界中の人々の心を癒し、愛されてきた天使たちの歌声を鶴屋百貨店との共同企画の第3弾としてお届けします!

WAMO熊本凱旋公演

熊本県出身の「ひかりさん」(お父様は山鹿出身)と群馬県出身の「みきさん」のお二人による”演劇とダンスが混ざり合う“新感覚パフォーマンス。故郷を愛するお二人が初の地方公演として山鹿を盛り上げます。

 

1部は、ダンスと演劇の融合した無声パフォーマンス。
2部は、歌とトークを織り交ぜたショータイム。

 

歌・ダンス・芝居を存分に散りばめた2部構成です。

能楽公演 『音と舞』

『熊本震災復興祈念 大倉会 能楽公演』
小鼓方大倉流宗家 大倉源次郎(人間国宝)を中心に熊本に所縁のある能楽師が勢揃いします。
この公演では能楽の『音』に注目し、あえて能面・装束をつけず
『音と舞』をテーマにシンプルな能楽の世界をお愉しみいただきます。
また、ヒトコト社村上美香が大倉源次郎と共には初心者の方にもお愉しみいただけるよう講演の説明もいたします。

MOCKY JAPAN TOUR 2019

TOUR MEMBER
MOCKYTAYLOR SAVVYVICKY NGUYENYUTA SUGANUMAATSUKO HATANO
5 musicians on stageplus NAOYA TOKUNOU (live pa)
全11公演

 

 

2016年5月のツアー以来約三年ぶり三度目のツアーになります。2019年の来日メンバーは完全一新。
モッキーと共に来日する二人について。テイラー・サヴィは今や伝説的といってよいCANADIAN CREW (オリジナルメンバーはMOCKY, TAYLOR, CHILLY GONZALES, FEIST, PEACHES の五人!当時全員全くの無名でした。音源が発表されていないため、その存在すら知られていません。)のメンバーでほかのメンバー同様、ヨーロッパに渡ってからの活動が知られています。

 

上記オリジナルメンバーたちのソロ諸作に加え、ジェイミー・リデル、イギー・ポップのアルバムにも参加している人です。Hip Hop好きな方々の中には The Puppetmastaz をご存知の方もいるかもしれません。隠れているのでほとんど知られてないですがモッキーもテイラーもゴンザレスも構成員の一人。

 

彼はモッキーのSaskamodieリリース後のツアー・メンバーでもありました。パリで彼らの演奏を聴きましたがそれはそれはすばらしかったです。ヴィッキーは昨年、フジロックにも出演したアンダーソン・パークの諸作、ツアーなどにも参加している鍵盤奏者です。モッキーいわく、とてもいいプレイヤーだから期待してほしいとのこと。ラインナップ的にさらに躍動的、ファンキーかつパンキッシュ!? なショーを期待してよいと思います。

 

日本サイドからはこれまでの二回のツアー同様菅沼雄太、波多野敦子、ライヴPAに得能直也を迎え、総勢6人でステージを作ります。乞うご期待。