北九州発の新たなダンスムーヴメントが再び始動!井手茂太 振付・演出「ギミックス」九州横断ツアー

Made in 北九州のダンスが、この秋九州を席巻!

 

2017年に、コンテポラリーダンス界内外で注目を集める振付家の井手茂太氏とオーディションで選抜された気鋭ダンサー達が創作した北九州発のダンス作品「ギミック」が新たなメンバーを加え、リニューアル版「ギミックス」として、今秋、北九州・熊本・宮崎の九州ツアーを実施する。

 

北九州芸術劇場では開館より、演劇・ダンスなど様々な“北九州発”の作品づくりに取り組んでおり、オリジナル作品としては初の九州ツアーであり、高い関心を集めている。

 

 

乃木坂 46 や星野源のミュージックビデオの振付や出演を手がける佐賀県出身、コンテンポラリーダンス界の異才・井手茂太が投げかける様々なギミック=仕掛け

 

振付・演出を手掛けるのは佐賀県出身の振付家・ダンサー、井手茂太。日常的な人間の“仕草”や“癖”、踊り手 の個性を活かしたオリジナリティ溢れる振付手法で、ダンス作品の振付・演出はもちろん、NODA・MAP やナイロン 100°Cなど演劇作品への振付、乃木坂 46 や星野源のミュージックビデオの振付や出演など、多彩な活動 で注目を集めている。

 

本作では、個性豊かな 7 名のダンサーの身体が繰り広げるユニークな動きの数々、予定 調和にいかないスリリングな展開で、観客に様々なギミック=仕掛けを投げかける。また北九州公演に加え、 熊本・宮崎・大分での公演及びダンス未経験の方も参加可能な井手氏によるワークショップも実施(大分はワークショップのみ)。



関連ワークショップに関する情報は下記からご覧いただけます。この機会に、見るダンス、体験するダンスを通して、様々なダンスの魅力を体感してみてください!

 

▽関連ワークショップ情報 開催:8/3(土) 申込:7/20(土)〆切

http://q-geki.jp/events/2019/idewskyushu/

 

 

振付・演出
井手茂太
佐賀県出身。既存のダンススタイルにとらわれない自由な発想で、集団内でのコミュニケーションをモチーフに日常の身振りや踊り手の個性を活かしたオリジナリティ溢れる振付手法で注目される。しなやかで弾力のある動きは、ダンサーとしても呼び声が高い。またカンパニーでの作品発表に加え、演劇作品へのステージングや振付、CM・ミュージックビデオの振付や出演など、幅広いジャンルで活動している。

 

近年では、椎名林檎、星野源、Avril Lavigne、乃木坂46などのミュージックビデオの振付や出演、野田秀樹演出NODA・MAP『逆鱗』『贋作 桜の森の満開の下』、夏木マリ『印象派NÉO』、ジョン・ケアード演出『ハムレット』、岩松了演出さいたまゴールドシアター『薄い桃色のかたまり』、三谷幸喜演出『子供の事情』などの振付・ステージングも手掛けている。

 

 

 

画像:(c)岡崎デザイン

Sergio Verdinelli japan tour2019 with EXPE In navaro

アルゼンチンよりスペシャルドラマーSergioVerdinelliEXPEによるDUO LIVENavaroで開催!

MonoFontanaL.A Spinetta等アルゼンチン音楽界の天才/鬼才と活動を共にするコンテンポラリー界No1のドラマーと、日本全国は元より欧州や南米各地で演奏を続ける日本が誇るスペースギタリストEXPEによる演奏を是非体験して下さい。

 


 

セルヒオは全ての要素を備えたミュージシャンだ。巧みなドラマーであるだけでなく、ドラムセットにヴィブラフォンを組み込んだりして、独自の音楽を生み出す創造的なパーカッショニストだ彼の音楽はピエールブーレーズからスヌープドッグ、リンゴスターからブライアンブレイド、アンドリューシリルからデイブグロールと幅が広い。Sergioは私の心の兄弟であり、長年にわたって友情と音楽を彼と共有できて光栄だよ。

comment by Mono Fontana

 

 

The rest of us

ダンス×アート×映像×音楽が織りなす
不思議な空間。
森の中で妖精が集めてきたモノとは、、。

 

前回公演「frame」から2年、今回もダンサーにスーパー歌舞伎ワンピースの振付、大分国民文化祭での総合演出をされた穴井豪さん。フラメンコで大活躍の土方憲人さん、また地元熊本で幅広く活躍している山本恵里香、甲斐梢、田口沙紀子を迎え芸術的な空間を作り上げる。

 

※未就学児入場 不可
※お席が少々狭くなっております。予め、ご了承ください。

お気に召すまま

多くの俳優が出演を希望する気鋭の演出家・熊林弘高が野趣あふれるシェイクスピアの名作に挑みます!満島ひかり、坂口健太郎をはじめとした実力派俳優で紡ぐ、いたずら心満載の恋愛喜劇です。

 

作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:熊林弘高

めにみえない みみにしたい

マームとジプシーの藤田貴大が初めて取り組んだ、子どもから大人まで一緒に楽しめる演劇作品『めにみえないみみにしたい』。

 

しりとり、じゃんけんなどのゲーム要素や、しゃぼん玉、金紙を使った視覚効果など、子どもたちが物語に入り込みやすいしかけがたっぷり!少女の成長や自立、戦争といった奥深いテーマに、大人の方にとっても心に響く作品です。

ジョヴァンニ・アレヴィ ジャパンツアー2019

天才アーティスト、ジョヴァンニ・アレヴィの音楽が世に流れはじめて20年になる。イタリアにいるとジョヴァンニの音楽はあちらこちらにあって、彼の存在を知らぬものもほとんどいない。

 

メディアがこぞって取り上げるので国民にとってメロディはいつも身近にあり、ショッピングモールやサッカー競技場にまで行き渡る。イタリアプロサッカーリーグのファンファーレもジョヴァンニの作品。耳に残る旋律美に溢れるものがあれば、リズムを基調したベース音を持って躍動するものものある。一つのパッセージを繰り返し高揚していくもの、自在に転調を繰り返すことで、それがあたかも自然の摂理と感じさせてくれるものなのなど実に幅広い。

 

時として人を癒し、時として人を鼓舞するジョヴァンニの心の欠片でも言おうか、驕りのない音楽はイタリアの翼となって今世界に羽ばたいていく。

 

葉山悠介ソロパフォーマンス「いち-ichi-」

ニューヨーク、イスラエルにて研鑚を積んだ世界を知るダンサー葉山悠介が 熊本を牽引する覚悟と未来への思いを熱い胸に製作する舞台公演

 

●熊本では珍しいソロパフォーマンス公演

イスラエル、ニューヨークで活動してきたダンサーが 作・演出・主演を一人で行う。 熊本県内ではダンス公演も珍しく、熊本のストリートダンス 出身者では初めての一人舞台、熊本に新たな舞台芸術が誕生する。

 

●世界基準の作品作り

「雨・月」をテーマに海外では一般的な物語性の高い作品を制作。 舞台美術、宣伝美術などを熊本在住のアーティストへ依頼。 世界各国のダンスフェステイバルへの出展も見据え、 作品とともに熊本から世界へ挑戦するダンサー葉山悠介に期待。

 

●振興を目的とした様々な関連企画

舞台公演を身近に感じてもらうため 6/23(日)13:00より 観客参加型ワークショップを企画。
6/22( 土 )17:00 の回上演後には熊本で活躍する 10 代~40 代の ダンサーによる世代を超えたストリートスタイルダンスセッションを開催。 舞台公演の振興、ダンス文化の発信を目的とした企画を開催。

 

関連企画1

熊本の未来をつなぐダンスセッション

6/22 17:00~の回上演後、 10分~15分程度アフターダンスセッションが開催されます。ストリートダンスの魅力、迫力を感じられる ダンス作品の上演&ダンスセッション。 普段ダンスを見ない方にもダンスを身近に感じてもらい 将来の舞台芸術、ダンス文化の振興を目指した企画となっています。

 

 

関連企画2

みんなで踊ろう!振付ワークショップ

6/23 13:00~90分程度開催予定。 ダンスの楽しさを体験し感じてもらう為、 振付師としてのノウハウを生かし対象年齢なしの 誰でも踊れる振付ワークショップを開催。 希望者は6/23の回のオープニングアクトで ステージに立つこともできます。

料金 1500 円
(6/23 観劇チケットと同時購入で500 円引き )