創業から3ヶ月が経って思うこと

 

 

 

 

みなさん、おはようございます。運営の松下です。

 

 

 

 

 

6月1日にDESSINを創業して、昨日で無事に3ヶ月が経ちました!

 

 

 

 

 

いや〜おめでたいです。たった3ヶ月ですが(笑)

 

 

 

 

 

 

でも、それくらい続くでしょ〜って自分でも思うのですが、毎月の収支予測を考えて、最低限会社が持続する為にはいくら必要なのかそれを確実に上げる為にいつ仕事を終わらせて、請求すべきなのか、お客様との仕事は必ずしも自分たちのペースで進められる訳ではないので簡単なことじゃないですね・・・

 

 

 

 

 

数字ばかりにとらわれて、いい加減な仕事もできないし、自分たち自身、お客様に満足していただけるような仕事をしたいので、数字と見比べて葛藤することもあります。

 

 

 

 

 

 

実情をいうと、一ヶ月目はしっかり黒字が出せて、二ヶ月目も黒字の予定が案件が後ろ倒れして赤字。これで一ヶ月目の黒字もなくなり、三ヶ月目はちょっとだけ黒字。四ヶ月目はしっかり黒字(予定)

 

 

 

 

 

 

こんな感じで綱渡り感もありますが、いかんせんみんな前向きすぎて「なんとかなるでしょ〜!」っていう経営的には危ない雰囲気がありつつも、そこがいいとこでもあって、ピンチでも「やるしかない!」ってひたすら真面目に業務に励む。

 

 

 

 

 

 

正直、ちゃんとやっていけるか半信半疑な状態でのスタートでしたが、本当に有難いことに仕事にも恵まれてなんとかやっていけています!

 

 

 

 

 

 

今思う大事なことは、やっぱり目の前の仕事を全力で打ち込むこと。例え小さな仕事でも満足していただけるような仕事ができれば必ずまた次の依頼があります。

 

 

 

 

 

 

そうしたサイクルの中で、自分たちの代表作となるような仕事ができたり、コミュニティの輪が広がったり、スキル面でも成長させてくれるものがあると思います。

 

 

 

 

 

創業して三ヶ月。自分たちで会社をするということは、「自由」を得ることはできますが、同時に大きな「責任」が生じるもの。

 

 

 

 

 

その責任をやりがいと捉えつつ、楽しむメンタリティーを持って仕事をすること。そして、目の前の一つ一つの小さな悩みやお困りごとに全力で応えること。経営計画もきちんと頭に入れながら、そうやって仕事ができれば少しづつ、着実に成長していけるのではないかと思います!

 

 

 

 

 

それでは、まだまだ未熟者な僕たちですが、プロ意識をしっかり持ってこれからも頑張っていきたいと思います!

 

 

 

松下

 

この記事をSNSでシェアする