南小国へ取材に行ってきましたの話し。

img4

 

こんにちは。

ちょっと久しぶりのブログになってしまいました。

藤井です。

 

先週、南阿蘇にある「満願寺窯」の北川麦彦氏の元へ取材に行ってきました。

この季節ですので凍結が怖かったのですが、なんなく無事たどり着くことができました。

やはり山の景色は素晴らしい…。

空気も澄んでいてとてもリフレッシュできました。

 

 

まずは麦彦氏の作業場のアトリエへお邪魔しました。

 

img1

 

男ならだれもが憧れるような空間…。

まるで山小屋のような雰囲気で、ほとんどのものは自分で作ったりどこかから拾ってきて修理したものが沢山ありました。

 

img2

 

img3

 

img5

 

img6

 

img7

 

 

初めてお邪魔したにも関わらず、とても落ち着くし、こんなところで仕事ができることは素晴らしいことだと感じました。

この雰囲気の中だからこそできるモノもあるんだろうなと感じつつ。

 

 

 

キレイに並べられた焼かれる前の陶器は、一つ一つ彼の手で作られています。

 

img4

 

 

そしてお昼には、美味しいお蕎麦屋さんへ連れて行ってもらいました。

 

 

img8

 

ご飯を食べている時に麦彦氏と話していた中で「それが美しいかどうかで物事を考えるようになった。」をおっしゃっていました。

確かに、作業場も食べ物も、そして風景も美しかったです。

 

 

詳しくは後日公開する北川麦彦のFEATURE記事をお待ち下さい!

 

 

そしてその帰りには、地熱発電を見せてもらいました。

 

img9

 

温泉が沸き上がるその蒸気で発電しているんですね。

だいたいはこの蒸気はそのまま出っぱなしなのですが、ここではそれを活かして電気を作っていました。

これは熊本ならではの発電であり、かなりエコな発電ですね。

 

img10

 

もうただただ感動というか、素晴らしいですね。

もっともっとこの取組が増えて、私達もキレイな電気を使うことができればいいですね!

 

これらのことについて、車の中で私たちでも出来ることは無いだろうかと一生懸命話しましたが、この話は後日…。笑

 

 

 

そして一通りお話をお伺いしまして、最後は麦彦氏のお店へ。

(現在は自宅兼のため写真は控えます。)

 

 

 

 

今回の取材では、とてもおもしろい話しを聞けたのもそうなんですが、他にも素晴らしいものを見て感じさせてもらえた取材でした。

そして今週は天草の本渡に取材に行ってきます。

 

 

新たな出会いがあると思うとワクワクしますね。

 

北川麦彦氏の記事は3月上旬には公開出来ると思います!

乞うご期待!

 

 

 

それでは。

 

藤井

 

 

この記事をSNSでシェアする