部屋着でくつろぐ美味しい朗読会「キャンドルが消えるまで」

glass

 

 

ひとつ丁寧な暮らしを想像してみる
ひとつ丁寧な暮らしを体験してみる
ひとつ丁寧な暮らしを実践してみる

 

 

をコンセプトに活動する
形がないようであるような
メンバーがいるようでいないような

 

 

ひとつひとつ丁寧に
おもいを
囲むプロジェクト

 

 

私、運営の佐藤もその一人です。

 

今回は、フリーアナウンサー/役者/ラジオパーソナリティとして活躍する、政木 ゆかさんを出演にお迎えして、皆で一緒に「キャンドルが消えるまで」を開催しました。

 

 

開場は、陽が沈む、18時頃。
開場前、スタッフもゲストを心地良くお出迎えするために、準備準備!

 

 

 

43248

 

太陽が沈み、お月様が顔を出した頃、ゲストの方々が会場に集まってきました。

 

 

ニヤリとした猫ちゃんが、受付でお出迎え。

top

 

 

料理研究家・日高先生によるビュッフェ形式の料理の数々。
当日の朝に採れた新鮮な野菜など、こだわりの食材で、作られています^^
各々、「美味しそ〜」と声を漏らしながら、プレートに料理を装い、着席。

 

 

 

43249

 

 

ドレスコードは部屋着!
思い思いにくつろいでいただく、ちょっと変わったスタイル。

 

 

 

S__5644296

 

 

 

朗読でもない演劇でもない独特の表現が人気の政木ゆかが、冬の夜長に贈る贅沢なひととき。キャンドルの灯に包まれた空間でお酒を傾け、様々な朗読に耳を傾ける。

 

 

これまで人生で何度も「銀河鉄道の夜いいから本読んだ方がいいよ!」「見た方がいいよ」と言われてきましたが、実際に本も買って読んだりもしたけどなかなか頭に入らずでした。
今回政木さんの朗読通して聞く事で不思議と内容がスーッと入ってきて、本の世界に入り込めてとても感動しました。

 

 

 

宮沢賢治さんの事をもっと知りたいと思いました。
あぁ、こうやって繋げてくれる事もアーティストの役割の一つ何だろうなと感じました。

 

 

 

影絵作家の藤城清治さんの絵が綺麗。

 

 


S__5644292

 

 

会場を照す、ステンドグラスの作品は
福岡県 久留米市在住のステンドグラス作家
津曲 卓也さんの作品。
作品はもちろん、光の反射まで含めた空間演出がとても綺麗。

 


S__5644290

 

 

 

朗読にもあった本当に絵本から飛び出てきたような
「モカと幸せのコーヒー」のカップたち。
玄窯代表・陶芸家の齊藤 博之さんがこの日のために制作。


S__5644297

 

 

色んなプロフェッショナルが集まった一夜。

心地よい空間の中で、政木さんの朗読する声と物語に引き込まれて行くゲストの方々。

S__5644299

 

 

最後に「ふっ」と、火を消して、朗読会は終了。

 

キャンドルが消えるまで。
ありがとうございました

 

 

色んなスタイルでおもいを伝えれる、共有できる場やイベント、
時間が瞬間もっともっと身近に日常にあったらなとおもいます。

 

 

ひとつひとつ丁寧に
おもいを
囲むプロジェクト

 

 

次回は2018.03.09
加藤農園の加藤光さんを迎えてのイベントを企画しております。

 

 

是非是非

 

この記事をSNSでシェアする