PROFILE

須子栄輔

| デザイナー

23歳から花の世界に入り、手がけたウエディングと葬儀は数百件におよぶ。 ウエディングでは花嫁しか気づかないような細部にわたるディテールにこだわって生み出されている。 花嫁の個性やチャームポイントを見つけだし、デザインに反映させる。 《心と心を花で紡ぐ》をモットーに花の魅力と感動を伝えている。

img

INTERVIEW

2016年8月7日《花の日》に独立。花屋はな輔を開業。 繊細な感覚を融合させた独創的なスタイルと花屋なのに花のない、お客様だけのオンリーワンで花を仕入れる特別感が人気 イベントやコンサートなどの大掛かりな装飾も得意とし、流木アートも手掛ける。 アパレルブランドのショーやパーティー、店舗デコレーションを担当。

▼ INTERVIEWを読む

WORKS

BLOG