バリに行ってきた話

 

みなさん、こんにちは。

 

運営の藤井です。

 

 

私事ですが、会社の研修でバリまで行ってきました。

私こう見えても、普通のサラリーマンでして、毎日せこせこと働いているんです。

 

しかも初海外ということで、いろんなことを学ばせて頂きました。

 

fuji001

 

まず感じたことは、文化=国の色って感じだなって思いました。

 

 

昔の歴史だったり、時代の流れだったりといろんなことがあってこの国ができたんだろうなと思いました。

あと、日本と違うところは、宗教色が強いということ。

というか、宗教が文化をつくってる感がありましたね。

 

 

私が行った時は満月でヒンドゥー教のお祭り?的な物があってました。

民族楽器を持った人たちが、音を鳴らしながら白い服を着て、大きなお寺から大移動をしていました。

理由はわかりません。

 

 

あと、インドネシアの90%はヒンドゥー教なんですって。

あと、生理の人はお寺に入ってはダメなんですって。

あと、インドネシアの暦は360日なんですって。

 

 

勉強になりましたね。

 

fuji004

 

あと、怖い銅像がたくさんありました。

ヒンドゥー教関係の何かっていうのだけはわかります。

 

そして、インドネシアならではの湿度が生み出す、石像についた苔。

これもまた自然が生み出すアートですね。

 

 

あとは独特の風景だったり、自然にすごく感動しました。

 

fuji005

 

fuji003

 

南国なので、沖縄に似てる部分はありますね。

やっぱりその地域の環境によって、植物や食べ物、衣類や建物とか人柄がすべて自然に作られるなーって思いました。

 

人が環境を作っているようで、自然に環境が作られてる気もします。

たぶん、人と環境は持ちつ持たれつかもしれません。

 

海外出たことなかったから、こんなに明確に感じることはなかったけれど、「当たり前」とか「普通」とかって言葉が凄く面白く感じました。

 

普通に着ている服、食べてるもの、遊び方、恋愛観、すべての物事って環境によって作られていると改めて感じることができたし、同じ環境の中にいてもまた違う価値観が生まれて、やっぱり人って面白いですねー。

 

今回の研修で私の中の「アート」って概念がいろいろと変わったかもしれません。

 

いろんな場所に行ってみたいものですね…。

 

 

みなさんもいろんな場所に行った経験なんかを私に聞かせてください!

 

連絡まってますから!

 

それでは!

 

fuji002

 

藤井

 

この記事をSNSでシェアする