ちるらん 新撰組鎮魂歌原画展

-最新刊24巻発売記念-
発売を記念して原画展を特別開催!!
この機会に幕末ヤンキーを存分に楽しもう!
☆5月20日(火)新刊24巻発売☆
※九州地区は3日ほど発売が遅れます
—————————————————————–

G3-Vol.129 本と人と作品の空間を考える03 新しい古本

熊本市現代美術館が所蔵する雑誌のバックナンバーを開架するとともに、古着をリメイクした服「途中でやめる」の販売や「〈新しい骨董〉とでもいうべき何か」の探索にも取り組む山下陽光の企画協力のもと、「現代美術館」としての本や情報の新たな価値について考える機会をつくります。

  • 企画協力:山下陽光(「途中でやめる」主宰、「新しい骨董」メンバー)

-創- 藤本 イサム展

彫刻作家・藤本イサムの作品展。
石を彫って作った抽象作品から、木工のベンチ、スツール、石と木を組み合わせた遊具等、観て、触って、存在するだけで楽しくなるような作品の数々。

CAMKコレクション展 -新規収蔵作品

洋画から最先端の写真表現まで多岐に渡る近年の新規収蔵作品をダイジェストで紹介します。写真家・石内都の作品は、石牟礼道子の手足を撮影した《不知火の指》シリーズより5点を収蔵しました。写真家・蜷川実花の作品は、ポートレート3点を新規に収蔵しました。新しい表現と新しい価値観の提示に触れる機会となるとともに、熊本らしさのある多様な表現に触れる機会となれば幸いです。

  • 出品作家(50音順):石内都、井手宣通、江田豊、神野大光、寺田克也、蜷川実花、宮本明